北上・西和賀

技術生かし三輪車磨く 保育施設遊具を修繕 黒沢尻工高機械科3年【北上】

三輪車の整備に取り組む黒沢尻工高の生徒ら

 北上市村崎野の県立黒沢尻工業高校機械科3年生は、課題研究として市内の保育施設の遊具を修繕している。技術を生かしたボランティア活動で、生徒は地域貢献にやりがいを感じながら作業に精を出している。

 市社会福祉協議会の協力を受けて毎年実施しており、7年目となる2021年度は6月から10月まで市内4カ所の保育園、幼稚園のプールやジャングルジムのさび取り、塗装などを計画している。

 22日は生徒6人が同市和賀町岩崎のいわさき認定こども園(栗生沢恵子園長)を訪れ、三輪車のサドルを外してグラインダーでさびや塗装を落としたり、ペンキを塗り直したりと熱心に作業。集中して取り組む姿を園児が見詰め、堀内勇利ちゃん(5)は「(きれいにしてもらうのは)うれしい。かっこいいと思う」と語った。

 同校の浜野峻弥さん(18)は「子供たちが使いやすいようにと気持ちを込めているので、喜んでもらえるとうれしい。家電など機械系の設計の仕事をやってみたいと思っているので、身に付けたことを今後に生かしたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年7月31日付
北上・西和賀
2021年7月31日付
北上・西和賀
2021年7月31日付
北上・西和賀
2021年7月31日付