花巻

培った技能発揮 「木工」などに19人 障がい者競技大会【花巻】

チャンレジいわてアビリンピックで木工競技に挑む参加者

 第19回県障がい者技能競技大会「チャレンジいわてアビリンピック2021」(県、高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部主催)は27日、花巻市天下田のポリテクセンターで開幕した。初日は5種目が行われ、参加者が培った技能を競い合った。

 県立産業技術短期大学校矢巾キャンパスで毎年開いているが、新型コロナウイルス感染防止のため同センターを使用して2日間の分散開催とした。同日は文字入力の速さや文書作成スキルがポイントとなる「ワープロ」、書類封入の正確さなどを競う「オフィスアシスタント」など、県内に居住か県内企業に勤務する19人が参加した。

 このうち「木工」には7人がエントリー。小箱を製作し、加工精度や仕口の出来栄えなどを競った。参加者は真剣な表情を浮かべながら、技術力を披露していた。

 7月11日に矢巾キャンパスで7種目を行い、種目ごとに金賞、銀賞、銅賞を決める。県独自種目である「物品運搬」を除き、金賞受賞者や優秀な成績を収めた参加者には第41回全国障害者技能競技大会(12月17~20日、東京都)に本県代表として推薦する。

 2020年は無観客開催だったが、今年は対策を徹底した上で来場を許可。同支部の古沢隆之支部長は「保護者や関係者らに競技の様子を見てもらうことは、参加者の力にもなる。新型コロナが終息したら、参加者と観客を増やしていきたい」と話していた。

 初日の結果は次の通り。(敬称略)

 ◇ワープロ▽金賞=佐々木弘美(就労移行支援事業所ココエール)▽銀賞=小梨茂▽銅賞=銚子奈摘美(カシオペア障連)

 ◇表計算▽金賞=島津貴悠▽銀賞=菊地宗一郎(一歩)▽銅賞=熊谷洋一(就労移行支援事業所ココエール)

 ◇オフィスアシスタント▽金賞=小苅米崇弘(盛岡市民福祉バンク)銀賞=諏訪夏稀(県立盛岡みたけ支援学校)▽銅賞=木下淳

 ◇パソコン操作▽金賞=藤戸雅也(県福祉総合相談センター)

 ◇木工▽金賞=若子内塁(県立盛岡峰南高等支援学校)▽銀賞=福島大樹(青木家具製作所)

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年8月2日付
花巻
2021年8月2日付
花巻
2021年8月2日付
花巻
2021年8月2日付