県内外

デルタ株 新たに14人が疑い コロナ新規感染は12人【岩手】

 県と盛岡市は13日、新たに10~80代の男女12人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。いずれも重症ではない。県内の患者累計は1812人となった。

 内訳は、北上市4人、花巻市、二戸保健所管内が各2人、中部保健所管内、奥州市、奥州保健所管内、盛岡市が各1人。

 このうち中部保健所管内の地域クラスター(感染者集団)関連で1人が確認され計28人、飲食店クラスター関連で2人が判明し計23人となった。

 県は同日、6月2日~7月12日公表分の患者23人の検体についてインド由来のデルタ株の可能性がある変異株「L452R」のスクリーニング検査を実施した結果、7月以降公表分の14人から検出されたと発表。累計18人となった。今後、県環境保健研究センターでゲノム解析を行う。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年8月3日付
県内外
2021年8月3日付
県内外
2021年8月3日付
県内外
2021年8月3日付