花巻

賢治世界光で演出 あす点灯開始 童話村オブジェ【花巻】

童話村の森ライトアップのチラシ

 花巻市高松にある宮沢賢治童話村で、賢治の童話の世界を光のオブジェで演出する「童話村の森ライトアップ2021」が17日に始まる。今年は東北6県で展開中の大型観光企画・東北デスティネーションキャンペーン(DC)の特別企画として、賢治生誕の8月27日から命日の9月21日までは毎日点灯する。入場無料。

 童話村の森を、偏光フィルターを用いたオブジェやミラーボールが放つ光で照らし、賢治の作品世界を演出する。市と民間8団体で組織する賢治フェスティバル実行委員会の主催で、2016年の賢治生誕120周年を機に始まった。

 6年目を迎える今年は三つのエリアに新たな演出が登場し、昨年より24体多い115体のオブジェを設置する予定。このうち「芝生広場」では、例年ライトアップのシンボルとなっている高さ約4メートルの大きな「どんぐりオブジェ」の周辺に、新たに「ミニどんぐりオブジェ」をちりばめた演出で来場者を楽しませる。

 点灯は10月17日までの土日・祝日。ただし8月10~13日のお盆期間、東北DC特別企画期間は毎日点灯する。点灯時間は今月17日~8月22日が午後6~9時、8月27日以降が午後5時~9時。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来場者には検温と連絡先の記入、マスクの着用に協力を求める。混雑時は入場を制限する場合があるほか、感染状況や天候状況によっては点灯を中止する場合がある。

 開催日には童話村駐車場にテークアウト形式の屋台村を開設するが、会場内での飲食は原則禁止。童話村内の「賢治の学校」は開館時間を午後6時まで延長する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付