花巻

斬新、独創性 心のまま 「ルンビニー、おらが美」開幕 絵画や織物200点展示【花巻】

映像と鏡、音でカラフルなアート作品を体感できるプロジェクタードーム

 花巻市文化会館の自主事業ルンビニー美術展「ルンビニー、おらが美(び)」が17日、同市若葉町の同館で開幕した。障害のある作家が紡ぎ出す多彩な色使いの絵画や織物、素朴で力強い陶芸作品などが並び、独創性あふれる表現が来場者の関心を誘っている。8月1日まで。

 絵画や織物、陶芸など200点近くの作品を立体的に展示。障害者支援事業に取り組む同市の光林会が運営するるんびにい美術館、ルンビニー苑、ルンビニー学園などで制作活動するアーティストの作品を集めた。

 中でもプロジェクタードームでは、るんびにい美術館アトリエで長年制作活動を続けた故八重樫季良さんの世界感を、映像と鏡、創作の音声で表現。色彩豊かなアート作品のトンネルを通っているかのような空間を体感できる。

 美術展は、障害のある作家やるんびにい美術館の活動に触れる機会を設け、障害の有無にかかわらず隔たりのないボーダレスな表現活動への興味関心を持ってもらおうと企画。同館の鈴木秀宜館長は「市民の皆さんに知ってもらうことで、作家の創作活動の励みになる。花巻の特徴として伸ばしていきたい」と話す。

 時間は午前9時~午後5時。毎週火曜休館。入場料は一般500円で、学生以下は無料。新型コロナウイルス感染対策のため、混雑時には入場制限をする場合がある。

 25日には特別企画として午後2時から作家または同館アートディレクター板垣崇志さんによるギャラリートーク(展示解説)、3時から板垣さんの講演会「ルンビニーアートの生まれる秘密」(要事前申し込み)もある。

momottoメモ

▲【関連記事】RCがピアノラッピング 花巻市内 巡回設置

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年8月4日付
花巻
2021年8月4日付
花巻
2021年8月4日付
花巻
2021年8月4日付