北上・西和賀

肌に優しい天然由来 ムラサキで手作りせっけん 原材料全て県産 紫香房【北上】

北上市産の紫根を使ったせっけんを製造、販売している紫香房の正部家代表

 北上市相去町に事務所を構える化粧品製造販売業の紫香房(正部家紫代表)は、紫根染めなどに使われる植物「ムラサキ」を使ったせっけんを製造、販売している。正部家代表(49)がアトピー性皮膚炎で苦しんだ経験から「自然由来」「低刺激」を求めて開発した無添加の限定品で、県産の天然原料にこだわり、一つ一つ手作りしている。

 染め物や漢方薬などに使われるムラサキは、かつては岩手が優良産地として知られた貴重な植物。正部家代表が八幡平市で栽培している人から苗と種を譲り受け、2017年から北上市の農家に依頼して栽培に取り組んできた。試行錯誤の末に肥料や植え方など栽培方法を確立させ、19年にせっけんの製造事務所を建設。同年9月に製造業、製造販売業の許可を受け、10月から販売を開始した。

 独自製法のせっけんは保存料や着色料、人工香料など不使用で、ネットを使うことで柔らかく優しい泡が立つ。原材料は北上市産の紫根をはじめ、雫石町産なたね油、八幡平市産エッセンシャルオイルなど、包装の成島和紙も含め全てが本県産。原材料の粉砕から有効成分の抽出、型入れ、カット、包装、販売まで全工程を自社で手掛ける。製造日から1カ月熟成させて販売しており、使用期限は販売日から1年間としている。

 体だけでなく顔、髪も洗うことができ、購入した人からは「肌が突っ張らない。つるつるになる」「子供のかゆみがなくなった」などの感想が寄せられるという。トライアル(20グラム、1000円)、S(45グラム、2000円)、M(80グラム、3000円)、L(105グラム、4000円)の4サイズを、同社のウェブサイトや事務所などで販売。事務所で購入する場合は事前に電話で申し込む。

 「ムラサキは自分の名前と一緒で、運命めいたものを感じた。子供から高齢者まで安心して使ってもらえるせっけんとして自信を持っている」と正部家代表。第2弾の商品として県産の金銀花を使ったボディークリームの開発を進めており、「自分は小さい頃からアトピーで苦しみ、身に付ける物や食べる物に気を使ってきた。じんましんやアトピーで悩みを抱える子供や親に使って喜んでもらいたい」と願いを込める。

 せっけんに関する問い合わせは正部家代表=090(7664)6852=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月21日付
北上・西和賀
2021年9月21日付
北上・西和賀
2021年9月21日付
北上・西和賀
2021年9月20日付