県内外

盛岡シティマラソン オンラインのみ実施

 盛岡市の「いわて盛岡シティマラソン」(会長・谷藤裕明市長)は、新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、10月24日に市内で開催予定だったフルマラソンなど2種目を中止すると決めた。スマートフォンのアプリを使って1カ月間の走行距離を競うオンライン種目のみを実施する。

 同大会は2019年にスタート。前回はオンライン種目のみを実施した。今年は規模を縮小し2年ぶりとなるフルマラソン(42・195キロ)とチャレンジラン(2・8キロ)を行う予定だったが、全国的に感染者数が急増しており、外出自粛の影響でエントリー数も定員の4割程度にとどまっていたことから中止を決定した。

 オンライン種目は、9月24日~10月24日に開催。大会当日に満13歳以上の男女が対象で、居住地や国籍は問わない。定員は2000人。参加料は3000円。参加記念品としてオリジナルマスクを進呈する。事前申し込みが必要で、今月28日までエントリーサイト「RUNNET」で受け付けている。詳しい応募要項は同大会のホームページ(https://iwate-morioka-city-marathon.jp/)に掲載している。

 2種目の中止決定を受け、谷藤市長は「市民、県民の健康を最優先とするための判断。理解を頂きたい」とコメントした。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付