北上・西和賀

周年記念3事業PR 桜や鬼剣舞、名所デザイン 日本郵便東北支社で販売 オリジナルフレーム切手【北上】

発表会でフレーム切手をPRする髙橋市長(左)と北上郵便局の佐藤局長=北上市役所
▲北上市の「トリプルアニバーサリー」を記念し発売されたオリジナルフレーム切手

 日本郵便東北支社は、北上市の三つの周年事業を記念したオリジナルフレーム切手「キタカミ トリプルアニバーサリー2021・岩手県北上市」の販売を始めた。展勝地桜並木や北上・みちのく芸能まつりの写真などがデザインされ、市内や近隣市町の郵便局で限定販売している。

 市と日本郵便が2月に締結した包括連携協定に基づき、地方創生に向けて両者が協働で製作。市と共同プロジェクトを展開している関東学院大法学部地域創生学科の学生からもトリプルアニバーサリーPR策としてオリジナル切手販売の政策提言を受けており、デザイン選定には学生たちの投票も反映させた。

 フレーム切手のデザインは、周年記念事業の▽展勝地開園100周年▽第60回北上・みちのく芸能まつり―をはじめ▽(芸能まつりの)トロッコ流しと花火の夕べ▽鬼剣舞―など。

 このほか夏油温泉や夏油高原スキー場、展勝地桜並木、展勝地と珊瑚橋、樺山歴史の広場、みちのく民俗村といった北上の観光地、名所を加え、春夏秋冬の魅力を伝えている。

 3日には市役所で発表会が開かれ、髙橋敏彦市長は「デザイン、写真ともにかなり吟味しており、全体としてトリプルアニバーサリーを感じてほしい。どの切手を使おうか考える時に北上の良さを感じ、多くの方々に購入いただきたい」と呼び掛け、北上郵便局の佐藤哲也局長も「利用いただくことで、市内外や県外の多くの皆さんに、北上の素晴らしい自然や歴史、伝統芸能などをPRできる。各郵便局で積極的にPRし、今後も地域に寄り添った取り組みをしたい」と述べた。

 フレーム切手は1シート1330円(税込み、84円切手×10枚)で、北上、花巻、奥州、西和賀、金ケ崎各市町の70局で合わせて600シートを販売。うち100シートは日本郵便のウェブサイトでインターネット販売している。このほか市も500シート購入し、各プロモーション活動に活用する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月18日付
北上・西和賀
2021年9月18日付
北上・西和賀
2021年9月18日付
北上・西和賀
2021年9月18日付