北上・西和賀

三陸の幸、特産ずらり りあすぱーくマルシェinパル【北上】

沿岸部の海産加工品などが販売されている「りあすぱーくマルシェinパル」

 東日本大震災被災地支援チーム「SAVE IWATE」が主催する「りあすぱーくマルシェinパル」は7日、北上市北鬼柳の江釣子ショッピングセンターパルで始まった。本県沿岸市町村の海の幸や工芸品などを販売し、三陸の魅力を発信している。15日まで。

 大槌町のカキ薫製や「釜石らーめん」、野田村の「山ぶどうピューレ」、三陸地方の農産物や海産物を使ったクラフトビール、宮古市産ハーブティー、県産ほうき草の手編み座敷ほうき、陸前高田産ブランド米「たかたのゆめ」の煎餅など多彩な商品がずらり。平庭高原(久慈市)の白樺の樹液を使ったドリンクやスキンケア商品もあり、買い物客が足を止めて品定めしていた。

 県内各地で被災者に和グルミを拾い集めてもらう「SAVE IWATE」の和ぐるみプロジェクトとして開発された菓子や、クルミの樹皮で作った手提げ籠なども並び、イベント担当の千葉菜津樹さんは「コロナ禍もあって三陸に行くことは難しいかもしれないけど、良い商品がたくさんあるので見に来ていただきたい」とPRしている。

 開催時間は午前10時~午後7時。同マルシェ協賛イベントとして、8日は山田町の境田虎舞、9日は大槌町の安渡大神楽による公演が行われる。時間はともに午前11時からと午後2時から。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付
北上・西和賀
2021年9月23日付