奥州・金ケ崎

朱色の実 青空に映え ホオズキ色づく 江刺・田原【奥州】

盆での販売を前に色づいたホオズキ=奥州市江刺田原

 奥州市江刺田原地内の圃場(ほじょう)ではお盆を前に、仏前などに切り花で供えるホオズキが色づいた。今年も近く収穫を始め、市内の朝市などで販売する。

 田原地区では農事組合法人アグリコーポ小田代(及川隆光組合長)が約6アールに作付けし、地域の手も借りて収穫、販売している。

 園芸作物としては連作に不向きで害虫防除に手間もかかるが、今年も盆にピークを合わせて順調に生育。7日も朱色のがくに包まれた実が青空に映えた。

 圃場を所有し生産に取り組む同組合参与の新田久治さん(75)=同市江刺田原字分限城=は「高齢者が中心になって栽培を担っている状況で、どうしようかと悩むほど虫の食害もあったが、元来は丈夫な作物。暑過ぎる天候でも無事に育ってくれて良かった」と胸をなで下ろした。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月26日付