花巻

柄生かしリメーク服 東和・いちびっとで展示販売【花巻】

クラフトアートいちびっとで開かれている八重樫さんの「レトロな着物服とゆかた服展」

 リメーク服を展示販売する「レトロな着物服とゆかた服展」は、花巻市東和町土沢の雑貨店「クラフトアートいちびっと」で開かれている。着物と浴衣の柄を生かしたリメーク服が並び、訪れた人を魅了している。29日まで。

 出展者は北上市在住の八重樫里子さん(37)。八重樫さんは2011年から独自ブランドの「ピギードロップス」を立ち上げ、洋服を販売。4年ほど前から浴衣、着物のリメーク服の創作をメインに活動している。

 今回はワンピースやサロペット、スカートなどを用意し、「若い人たちにも、リメーク服に興味を持ってもらいたい」という思いから、パーカーや男性用のシャツなども出展した。

 1年ほど前にアイヌ文化に興味を持ったという八重樫さん。ワークショップに参加して文様を学んだといい、今展ではアイヌ刺繍(ししゅう)が施された作品も。帯で作ったバッグなどの小物作品も加える予定。八重樫さんは「今後はアイヌ刺繍をしたコートにも挑戦したい」と意欲を見せている。

 時間は午前11時から午後5時まで(最終日は4時)。問い合わせはクラフトアートいちびっと=090(5549)0497=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年9月20日付
花巻
2021年9月20日付
花巻
2021年9月19日付
花巻
2021年9月18日付