奥州・金ケ崎

前沢診療所存続求める 奥州市長へ商工会が要望書

小沢市長(左)に前沢診療所存続の要望書を手渡す菅原会長

 奥州市が総合水沢病院、まごころ病院と統合して新病院を建設する方針を示している前沢診療所について、前沢商工会(菅原繁夫会長)は20日、存続を求める要望書を小沢昌記市長に提出した。

 提出は市役所で行われ、同商工会から4人が出席。要望書によると、前沢には開業医もいるが一代限りの場合が多く、公的診療機関があることで診療科がなくなるリスクを軽減できる。診療所は立地が良く、既存の医療設備も充実。就労者の健康診断の利用増を通して一層の活用が見込める―として存続を求めている。

 菅原会長は「商工会として事業所との関係からも存続をお願いしたい」と語り、「診療所の存続は難しいとしても、健診センターのように活用してほしい」「施設はまだまだ有効利用できる」などの意見を伝えた。

 小沢市長は「施設とその有効利用はしっかり考え前向きに進めたい。100%でなくとも要望に添うようにしたい」と述べた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月17日付
奥州・金ケ崎
2021年9月17日付
奥州・金ケ崎
2021年9月17日付
奥州・金ケ崎
2021年9月17日付