花巻

12歳未満1人に誤接種 新型コロナワクチン 花巻市集団会場で

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、花巻市は22日、接種対象年齢の12歳に満たない11歳の児童1人に誤ってワクチンを接種したと発表した。市側の年齢確認が不十分だった。市は関係者に謝罪。同日午後7時現在で健康被害は確認されていないという。

 市によると、誤接種があったのは、市が21日に市交流会館で実施した優先接種対象者らの集団接種。児童は市独自に優先接種対象としている施設を利用していた。

 翌22日の集団接種開始前に、同日の接種予定者リストに接種対象外の12歳未満の児童がいることに気付いた職員が、前日の受け付けデータを再確認したところ、誤接種に気付いた。予診票には「満11歳」と記入されていたが見落としていた。これを受け優先接種対象者の集団接種(8月18、19、21、22日の4回)を調査したが、他に同じケースはなかった。

 再発防止のため、予約受け付け時や集団接種会場での年齢確認、予診票確認時の年齢確認を徹底する。市新型コロナウイルス感染症ワクチン接種対策室では「チェックを厳しくし、再発防止に取り組む」としている。

 米ファイザー製ワクチンは12歳以上が対象年齢となっている。市はこれまで2021年度中に12歳になる児童に接種券を発送済み。接種予約案内は優先接種以外の12歳の児童へはまだ送付しておらず、9月以降に12歳を迎える月の翌月以降に予約案内を送付する予定にしている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付