一関・平泉

夕暮れ時注意して 秋の交通安全運動始まる【一関】

秋の全国交通安全運動初日に合わせて行われた街頭啓発活動=JR一ノ関駅西口

 秋の全国交通安全運動は「夕暮れ時 あなたを守る 反射材」をスローガンに21日、スタートした。初日は一関市交通安全対策協議会(会長・勝部修市長)と一関地域交通安全対策協議会(三浦かよ子会長)が、街頭啓発活動をJR一ノ関駅西口で行い、駅利用客らに交通事故防止を呼び掛けた。

 市や一関署、一関地区交通安全協会など関係する23の機関・団体から27人が参加。「ゆっくり走ろう!交通安全運動実施中」と書かれた横断幕、飲酒運転の撲滅や反射材の着用を訴えるのぼり旗などを手に、乗降客らに「おはようございます」と声を掛けた。

 活動は春と秋の恒例行事。例年は黄色い羽根などの啓発グッズを配布しているが、新型コロナウイルスの感染防止のため、2020年に引き続き立哨活動のみとした。

 三浦会長は「活動は安全・安心なまちづくりの一環。交通ルールをちゃんと知ることが大事で、皆さんで交通安全について考えてもらいたい」と話していた。

 22日にはJR平泉駅前でも同様の取り組みが行われる。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付