県内外

集団接種2000人分追加 県コロナワクチン【岩手】

 県は22日、10月から予定している新型コロナウイルスワクチンの第3期集団接種について、当初予定の5000人(1万回分)規模から、新たに2000人(4000回分)を追加すると発表した。

 第3期の日程は来月2日~11月21日で、滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)で実施する。ワクチンはモデルナ製。

 県では、県全体の接種加速化に加えて、遅れが見られる10~20代と、久慈・二戸圏域の住民接種の底上げを目的に予約枠を拡大した。追加されるのは、来月2、3日~30、31日と、9、10日~11月6、7日で各1000人。

 一部市町村では10~20代の予約受け付けが始まっていないことなどから、16~29歳を対象に28日正午から先行予約を始める。16歳以上の一般予約は29日正午からとなる。久慈・二戸圏域の予約方法は対象市町村で検討している。予約方法はウェブと電話で対応する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付