一関・平泉

菊まつり あす開幕 中尊寺【平泉】

中尊寺坂下に金色堂の模型に菊をあしらった造り物がお目見えし、20日のまつり開幕を告げている

 第35回中尊寺菊まつりは、20日から平泉町の同寺境内で開かれる。同町や近隣の愛好者団体などから丹精込めて育てられた菊が出品される予定で、華やかな大輪が境内に彩りを添える。11月15日まで。

 同まつり協賛会(千葉一郎会長)主催で、「藤原秀衡公・源義経公・武蔵坊弁慶八百年御遠忌特別大祭」の一環として1986年に始まった平泉の秋を代表する恒例行事。例年400点近くが出品されるが、今回は新型コロナウイルス感染防止の観点から出品数を約250鉢に絞り、地元平泉をはじめ一関市や奥州市など近隣の菊花団体会員による大菊三輪を展示する。平泉、長島両小学校の児童と職員が育てた約80鉢も出品される。

 境内入り口の坂下には、約1・5メートル四方の大きさの金色堂の模型を囲むように菊100鉢を配した造り物が一足早くお目見えし、参拝者らに20日のまつり開幕を告げている。

 本堂前と周辺の参道に菊を展示する上屋を設営し、19日に菊の搬入と展示作業が行われる。

 20日は同寺で開幕法要、来月2日に審査会を行う。例年開催している菊供養会はコロナ禍のため前回に続いて中止する。

 期間中は色づいた境内の木々をライトアップする紅葉銀河(29日~来月14日)も開催する。問い合わせは同寺事務局=0191(46)2211=まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年12月1日付
一関・平泉
2021年12月1日付
一関・平泉
2021年12月1日付
一関・平泉
2021年12月1日付