奥州・金ケ崎

学校対抗で熱戦 県高校新人卓球が開幕【奥州】

熱戦が繰り広げられている県高校新人卓球大会

 第67回県高校新人卓球大会(県高体連など主催)は22日、奥州市の市総合体育館(Zアリーナ)で開幕した。24日まで3日間の日程で、1、2年生が熱戦を繰り広げている。

 2020年度は新型コロナウイルスの影響による大会規模の縮小で個人ダブルスが中止となったが、21年度は例年の方式に戻して開催。男女の学校対抗(団体)、個人シングルス、同ダブルスをいずれもトーナメント方式で実施している。

 初日は学校対抗が4回戦まで行われ、男子は34校、女子は33校がエントリー。選手は力を合わせて練習の成果を発揮していた。

 学校対抗のみ上位大会があり、男女各1位が2022年1月に仙台市で開幕する東北高校選抜卓球大会の本県第1代表に選ばれる。その他男女各15校は、12月に宮古市で開かれる同大会県予選会に進出する。

 23日は学校対抗とダブルスが決勝まで行われ、シングルスもスタート。24日はシングルスが決勝まで行われる。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年12月4日付
奥州・金ケ崎
2021年12月4日付
奥州・金ケ崎
2021年12月4日付
奥州・金ケ崎
2021年12月4日付