奥州・金ケ崎

おいしさで愛され続ける和菓子店 菓子処 後藤屋

手前から時計回りに「麦つき節」(カップ入り226円、通常包装194円)、乳酸菌入りの「GOTOUYA最中」(つぶあん、宇治抹茶・各183円)、「どらやき」(つぶあん、ごまあん・各151円)、「栗むしようかん」(むき栗と渋皮付きの2種・各1350円)
きな粉をまぶしたクルミ入りの餅に、黒蜜を掛けて食べる「麦つき節」。「日本一食べにくいお菓子」といわれて話題になったことも

 発売から50年以上愛され続ける「麦つき節」で知られる和菓子店・後藤屋の本店。併設する工場で毎日作る名物のどら焼き、揚げまんじゅう、上生菓子、贈答用に最適な箱入りの銘菓などを販売している。

 定番のほか、夏はゼリー、冬はフルーツ大福といった季節限定商品も要チェック。今なら「栗むしようかん」と「カスタードどら焼き」が人気。当日ついた餅を使う「いも栗大福」は土曜限定で登場する。消費期限が短く、手作りにつき数量も限られるが、余計なものを使わない新鮮なおいしさがこだわり。後藤新平にちなんだ「大風呂敷」、ブラックホールをモチーフにした「味噌ブラックZ」など、地元の魅力を発信するお菓子もおすすめ。

Data
奥州市水沢大町78
0197・23・2931
営/8時30分~18時30分
休/無し

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年12月5日付
奥州・金ケ崎
2021年12月5日付
奥州・金ケ崎
2021年12月5日付
奥州・金ケ崎
2021年12月5日付