県内外

飲食店 利用呼び掛け 県コロナ本部員会議 人数制限せず【岩手】

 県新型コロナウイルス対策本部員会議は15日、県庁で開かれ、県内の感染リスクが低下したことを受け、達増拓也知事は会食人数を制限しない方針を示し、経済活動の活性化に向けて県民に対して飲食店の利用を促した。

 県によると、県内では13日まで34日連続で新規患者の感染発表がなかった。14日に1人の感染確認が発表されたが、15日は新規感染確認発表はなかった。

 達増知事は県内の感染状況について「人と接触する機会があっても誰かにうつす、うつされるといった感染リスクは低くなっている」と説明。県民に対し、基本的な感染対策を徹底して経済活動や社会活動を活発化させるよう求めた。

 コロナ禍で売り上げが落ち込んでいる飲食店の利用促進に向け、「会食時の人数制限は行わない」と強調。感染対策を講じている県の「いわて飲食店安心認証制度」認証店の利用を推奨し、「短時間で深酒をせず、飲食店の対策に協力して会食を楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年12月1日付
県内外
2021年12月1日付
県内外
2021年12月1日付
県内外
2021年12月1日付