一関・平泉

通りも心も明るく 室根・中津谷川イルミネーション【一関】

一関市室根町津谷川地区で始まった「中津谷川イルミネーション街道」。色とりどりの電飾が約500メートル区間を明るく照らしている

 一関市室根町津谷川地区で23日、恒例の「中津谷川イルミネーション街道」が始まった。約500メートル区間で住民が色とりどりの電飾を家などに飾り付け、通りを明るく照らしている。2022年1月7日まで。

 住民有志で組織する「中津谷川イルミネーション同好会」(佐藤守一会長)が09年から地域活性化と年末年始の帰省者らを迎える取り組みとして実施。年々賛同者が増え、今年は約50の建物に装飾が施された。

 同日行われた点灯式で佐藤会長は「競争ではないので、それぞれができる範囲で継続していく。今後も協力をお願いしたい」とあいさつした。

 サンタクロースやトナカイなどクリスマスの装飾のほか、米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれたエンゼルスの大谷翔平選手(花巻東高出)にちなんでチームのロゴマークや背番号の「17」、MVPの文字を表したものも。同級生と観賞した畠山大洋君(室根西小学校2年)は「いろんな飾りがあってきれいだった」と笑顔で話していた。

 点灯時間は午後4時30分~9時。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付