一関・平泉

一面真っ白 祭畤で今季初積雪【一関】

今季初の雪模様となった一関市厳美町の祭畤地区=24日午後1時30分ごろ

 24日の一関地方は、冬型の気圧配置の影響で山沿いを中心に朝から雪模様となり、一関市厳美町の祭畤では午前10時に最大4センチ(盛岡地方気象台調べ)に達する今季初の積雪となった。祭畤での初の積雪は、前年より22日遅い。

 祭畤地内では周囲の山並みはもとより道路や建物の屋根が一面真っ白な雪に覆われ、断続的に降り続く雪や雨の中、路面に積もった雪に注意しながらオートバイや車が行き交っていた。

 平野部でも午前を中心に時折みぞれ交じりの冷たい雨が降り、最高気温は一関6・6度、千厩5・9度。いずれも平年より4度以上低い12月中旬並みの肌寒い1日となった。

 同気象台によると、25日の県内は冬型の気圧配置が続くため曇りで、雪や雨の降る所がある見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年12月3日付
一関・平泉
2021年12月3日付
一関・平泉
2021年12月3日付
一関・平泉
2021年12月3日付