奥州・金ケ崎

「岩高ショップ」笑顔で販売 客層広げ実習充実 イオンスタイル江刺、出店協力【奥州】

「岩高ショップ」で接客する岩谷堂高の生徒。10月からイオンスタイル江刺で開店している

 奥州市江刺の県立岩谷堂高校(軍司悟校長、生徒280人)による販売実習「岩高ショップ」が、同市江刺八日町のイオンスタイル江刺で開かれている。開店場所を一新し、新たな客層にも対応して学びを深めている。

 流通情報系列の生徒による実習機会として始まり、2019年度から模擬株式会社凛堂を立ち上げてより実践的に学習している。

 4月から主に江刺地域の水曜市に合わせて取り組んできたが、県内で新型コロナウイルスが感染拡大し、8~10月に休止。模擬企業ながら売り上げの減少など厳しい事態に直面した。

 10月25日からの再開に合わせ、イオンスタイル江刺(田母神明伸店長)が学習趣旨に賛同して協力。同店の食品館とドラッグ館の間の屋外スペースを貸し出した。

 21年度はこれまでの農業、商業関係の系列に加え、さらに幅広い分野の生徒が連携して展開。自校製をはじめ、生徒自ら仕入れた商品の販売のほか、工業系の授業で製作したカウンターの活用、商品や部活動をPRする自作動画の上映など、学習成果を披露する場にもなっている。

 今月18日は生徒6人が接客や運営に励んだ。高齢者が中心だったこれまでに比べて幅広い層が来店しており、流通情報系列の水上南瀬さん(2年)は「コロナ禍で販売できない時期があったが、お客さまと触れ合う機会が増えてうれしく、にぎやかになった。販売では笑顔を忘れないよう心掛けたい」、田母神店長は「少しでも売り上げに結び付くようお手伝いがしたい。地域の他の企業にも協力体制が広まってほしい」と話していた。

 今後は29日に開店。12月からは木曜開催とし、月2、3回のペースで22年3月まで開く。時間はおおむね午後1~4時。降雪後は食品館内に開設する。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年1月19日付
奥州・金ケ崎
2022年1月19日付
奥州・金ケ崎
2022年1月19日付
奥州・金ケ崎
2022年1月19日付