花巻

冬空に大輪250発 業者応援し花火大会 西宮野目・愛木さん【花巻】

約250発の花火が冬空を彩ったテラスハナビ岩手=4日、花巻市十二丁目地内

 テラスハナビ岩手(実行委主催)は4日夜、花巻市十二丁目地内で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国の花火大会が中止となる中、花火師を応援しようと実行委の愛木敬介さん(41)=同市西宮野目=が中心となって企画。約250発の花火が冬の夜空を鮮やかに彩った。

 愛木さんは全国の同志でつくる煙火粋心会の一員としても活動。各地で花火大会が中止となり、仕事が減る業者らの役に立ちたいと2020年から市内で独自の花火大会を企画している。

 秋田県の北日本花火興業が協力し、今回はキッチンカーブースなども設けられ市内を中心に200人以上が来場した。

 夕方から4号玉、5号玉が打ち上げられ、大輪を咲かせた。フィナーレのスターマインが鮮やかに夜空を覆うと、観衆から大きな歓声が上がった。

 愛木さんは「花火は無料という固定概念を変え、ちゃんと対価を払って花火師を支えるという考えが必要だ。来年こそは通常通りの花火大会を開き、もっと多くの人に素晴らしさを再認識してもらいたい」と意気込んでいた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年1月19日付
花巻
2022年1月19日付
花巻
2022年1月19日付
花巻
2022年1月19日付