県内外

「冬の味覚味わって」 19日、宮古鮭まつり【岩手】

「元祖宮古鮭まつり~大漁祈願祭~」をPRするキャラバン隊

 宮古市で19日に開催される「元祖宮古鮭(さけ)まつり~大漁祈願祭~」のキャラバン隊が盛岡市の岩手日日新聞社盛岡支社を訪れ、多彩な企画でサケの魅力を発信するイベントをアピールした。

 毎年恒例のまつりは、サケの不漁で目玉企画のつかみ取りを取りやめた2019年から大漁祈願として開催。50回目の今回はサケをメインにした物産、持ち帰りの飲食販売をはじめ、サケの図画コンクール入賞者による豊漁祈願、サケの一生が体験できる巨大すごろく、景品が当たる抽選会などを繰り広げる。

 宮古観光文化交流協会事務局員の中嶋一幾さん、宮古市観光課もてなし観光係主任の清水賢さんが9日に盛岡支社を訪問。「不漁で苦しい面もあるが、宮古の冬の味覚を味わって楽しんでほしい」とPRした。

 まつり会場は、旧宮古市役所跡の「うみどり公園」。開催時間は午前10時~午後2時。関連行事としてスタンプラリーもある。鮭まつりのほか、「宮古真鱈(まだら)まつり」(22年1月23日)、「宮古毛ガニまつり」(同3月中旬)など、同市の五つのイベントのうち、三つ以上の会場でスタンプを集めて応募すると、抽選で10人に市内宿泊施設のペア宿泊券(2万円分)が当たる。問い合わせは同協会=0193(62)3534=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年1月25日付
県内外
2022年1月25日付
県内外
2022年1月25日付
県内外
2022年1月25日付