県内外

選抜チーム、全国舞台へ闘志 26日開幕・都道府県対抗中学バレーボール大会【岩手】

全国優勝を誓う男子
8強入りを目標に掲げる女子
男子優勝、女子8強目標に

 大阪市で26~28日に開かれるJOCジュニアオリンピックカップ第35回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(日本バレーボール協会など主催)に、男女の本県選抜が出場する。男子は日本一、女子は8強入りの目標達成に向けて、岩手オールスターが一丸となる。

 県選抜には男女各12人が選出され、9月に練習を開始。男子は宮野目の池田雄一監督、女子は胆沢の大和田智恵監督が指揮を執る。本番を間近に控え、19日は男女ともに花巻市内の体育館で練習を実施した。

 男子は全員3年生で、身長180センチ台の選手が8人そろう。県内の強豪高校との練習試合などを通じて実力を高めており、11月に秋田県で開かれた横手わか杉カップ東日本中学バレーボール大会では準優勝を果たした。

 身長189センチの川村侑聖選手(石鳥谷)を筆頭に、菅野凌雅選手(水沢南)、及川蓮選手(磐井)らアウトサイドヒッター(OH)陣の強力なスパイクが武器。高い攻撃力を持つ一方、池田監督は「県勢は全国に比べてブロックが弱い。全国で勝つためにはもっと精度を上げなければいけない」と奮起を促す。

 石川選手の最高到達点は327センチと全国でもトップレベル。中学からバレーを始めたといい、初の全国大会に「どんなトスでも打ち切り、チームに貢献したい」と気合十分。セッター小森空選手(宮野目)は「アタッカーが打ちやすいトスを心掛け、バックアタックも使っていきたい」と意気込む。

 女子は3年生8人、2年生4人を選出。大和田監督は「一人ひとりの能力が高い。バランスの取れたチームになっている」と潜在能力を高く評価する。速さを生かした攻撃と、コンビバレーに力を入れており、3年のOH五嶋ひより選手(花泉)は「チームの平均身長が低い分、ミスを減らし、自分たちの持ち味を発揮して全国の強豪に勝ちたい」と闘志を燃やす。

 2年のOH阿部結夏羽選手(厳美)は「まだまだできないプレーが多い。技術面でもっと成長してチームの勝利に貢献する」と誓う。後輩たちに3年生も大きな刺激を受け、ミドルブロッカー(MB)藤舘咲耶選手(大迫)は「2年生は力のある選手が多いが、負けたくない」と話す一方、「技術を高めるために、プレーのことで後輩にアドバイスを聞きに行くこともある」と成長に向けて貪欲な姿勢も見せる。

 全国大会は予選グループ戦を行った後、ブロック1位が決勝トーナメントに進出する。予選ブロックでは男子が長野選抜と神奈川選抜、女子が大阪南選抜、岐阜選抜と対戦する。

 男子主将の上田蒼央選手(宮野目)は「チームに一体感が出てきた。一人ひとりの得意なプレーを発揮し、優勝する」と言い切る。女子主将で3年の渡辺華乃選手(大船渡)は「全員で声を掛け合うこと、自分たちのバレーをやり切ることを大切にし、ベスト8を目指す」と語った。

◆県選抜男子メンバー

背番号    名 前  学 年 出身中
 (1)  川村 侑聖  3  石鳥谷
 (2)  高橋 大弥  3  水 沢
 (3)  松田 朱羽  3  矢 沢
 (4)  荻原 伊吹  3  下 橋
 (5)  伊藤  蓮  3  大 迫
 (6)  及川  蓮  3  磐 井
 (7)  櫻田 瑞季  3  宮野目
 (8)  菅野 凌雅  3  水沢南
 (9)  松浦 虹介  3  下 橋
 (10) 上田 蒼央  3  宮野目
 (11) 千田 莉夢  3  水沢南
 (12) 小森  空  3  宮野目

◆県選抜女子メンバー

背番号    名 前  学 年 出身中
 (1)  渡辺 華乃  3  大船渡
 (2)  内澤 璃々  2  軽 米
 (3)  石川 美里  3  胆 沢
 (4)  吉田 実桜  3  高田一
 (5)  高橋  優  3  胆 沢
 (6)  山本 愛莉  2  厨 川
 (7)  阿部結夏羽  2  厳 美
 (8)  佐藤 愛羽  2  大 迫
 (9)  藤舘 咲耶  3  大 迫
 (10) 佐藤 碧海  3  大船渡
 (11) 髙橋ののか  3  宮野目
 (12) 五嶋ひより  3  花 泉

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年1月20日付
県内外
2022年1月20日付
県内外
2022年1月20日付
県内外
2022年1月20日付