花巻

生活伝える家電ずらり テレビや洗濯機、パーマ機械も 昭和の学校で特別企画展【花巻】

昭和の学校で開かれている昭和の面白家電&ふしぎな道具展

 昭和の学校(照井正勝校長)による新春特別企画展「昭和の面白家電&ふしぎな道具展」は、花巻市下シ沢字牛角の同学校で開かれている。昭和に製造されたテレビや冷蔵庫、炊飯器など高度経済成長とともに登場してきた家電が並び、当時の生活ぶりを今に伝えている。3月28日まで。

 若年層を中心に昭和の家電の興味関心が高まっていることを受けて企画。同学校が所有する約500点を紹介している。

 展示品はいずれも照井校長(72)が東北地方などで収集したもの。「三種の神器」と呼ばれた白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫をはじめ、ラジオ、テープレコーダー、ミキサー、戦前に製造された電気ストーブなどが並ぶ。昭和初期に利用されていた巨大なパーマネント機械など店舗で利用されていた電化製品もある。

 上段に氷を入れて冷やす木製冷蔵庫、手回し洗濯機などの貴重品も。戦後初期に発売された家庭用の乾燥機もあり、照井校長は「主におしめなどを乾かすために使われていたようだ」と語る。

 1970年代のパソコン、80年代に発売された多機能テレビのブースも設けられ、家電の歴史と進化を探ることもできる。

 中には当時の販売価格が記された展示品もあり、照井校長は「多くの人が月賦をして無理して購入していた時代。館内に昭和の物価や給与を記した表もあるので比較すると面白いはず」と話す。「年配の方々には懐かしく、若い人たちは新鮮に見える。多くの人に足を運んでほしい」と来場を呼び掛けている。

 時間は午前10時から午後4時(最終入校は3時30分)まで。入校料は一般600円、子供(小学生以下)300円。火曜定休。問い合わせは同学校=0198(29)4919=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年1月28日付
花巻
2022年1月28日付
花巻
2022年1月27日付
花巻
2022年1月27日付