県内外

コロナ新規感染121人 7日連続100人超

 県と盛岡市は2日、新たに10歳未満~90歳以上の男女121人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの新規患者数が100人を超えるのは、1月27日公表分から7日間連続となる。新たに盛岡市の教育・保育施設でクラスター(感染者集団)が発生。重症者はいない。患者累計は4983人となった。

 保健所ごとの内訳は盛岡市36人、中部35人、県央22人、大船渡8人、奥州7人、一関6人、宮古と二戸各3人、釜石1人。

 新規のクラスターは、盛岡市の教育・保育施設で4人が判明。公表済みの9人を含め、利用者や職員ら計13人が感染した。

 このほか、公表済みのクラスター12件で新規患者が確認された。このうち県内最大規模の患者数となっている1月22日公表の中部保健所管内の教育・保育施設で1人増の計133人となった。また、同24日公表の盛岡市の学校で1人増の計101人、同26日公表の県央保健所管内の学校で3人増の計46人などとなった。

 直近1週間の人口10万人当たり新規患者数は県全体74・8人、盛岡市77・2人。病床使用率は44・0%と減少した。

 新規患者数が連日100人を超えていることを受け、県保健福祉部の工藤啓一郎理事心得は「医療の逼迫(ひっぱく)は今のところないが、保健所の調査が厳しくなっている。さらに感染者数が増加する可能性もあるので、感染拡大を食い止めながら必要な医療を提供できるように取り組んでいく」と述べた。

市立こども園休園

 一関市は2日、市立こども園1園で職員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたことから、感染拡大防止のため同日から臨時休園したと発表した。再開について市は「接触者の範囲や感染状況で判断する」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付