奥州・金ケ崎

段飾り 伝建群施設彩る きょうから要害雛祭り【金ケ崎】

25日に始まる金ケ崎要害雛祭りに向けて白糸まちなみ交流館で行われた雛人形の準備

 金ケ崎町西根の城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区(伝建群)を会場にした第10回金ケ崎要害雛(ひな)祭り(実行委主催)は、25日から伝建群内の8施設で始まる。新型コロナウイルスの感染拡大により、今年も規模を縮小して開催。各施設を多様な雛人形で彩る。3月21日まで。

 今年雛人形を展示するのは▽おやすみ処かみしも▽旧坂本家侍住宅▽白糸まちなみ交流館▽伊東家侍住宅(和洋食道Ecru)▽土合丁・旧大沼家侍住宅▽侍屋敷大松沢家▽片平丁・旧大沼家侍住宅▽金ケ崎要害歴史館。町独自のコロナ対策に基づきかみしも、伊東家侍住宅、侍屋敷大松沢家以外の5施設は、3月13日まで利用を町民と町内団体に制限している。例年のスタンプラリーなど人流増加につながる企画は取りやめた。

 同町西根裏小路の白糸まちなみ交流館では24日、同館の企画部門を受け持つ団体「しらいと」が雛人形を準備。今年は感染防止対策のため例年より少ない段飾りなど3組を用意し、少し離れた土間から見てもらうことにした。しらいとの横田恵子代表は「おもてなしがモットーの交流館だが、今年はお客さまとスタッフの双方を守るために展示の形を変えた。雛人形のにぎやかな雰囲気を見てほしい」と話していた。

 公開時間や定休日は各施設で異なる。問い合わせは実行委事務局の金ケ崎要害歴史館=0197(42)3060=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年5月20日付
奥州・金ケ崎
2022年5月20日付
奥州・金ケ崎
2022年5月20日付
奥州・金ケ崎
2022年5月19日付