県内外

春季3年ぶり有観客 県高野連理事会 来月20~29日開催【岩手】

 県高野連は12日、2022年度第1回理事会を盛岡市内で開き、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で、春の県大会を3年ぶりに有観客開催とする案を承認した。収容定員の目安は2000人以下とする。15日の評議員会で最終決定する。

 春の県大会をめぐっては、新型コロナ感染拡大を受け20年度は中止。21年度は当初有観客での開催を予定していたが、感染拡大を踏まえ直前で無観客となった経緯がある。

 同日開かれた理事会には役員をはじめ、県高野連加盟校の部長、顧問ら合わせて約90人が出席。議事では、今年度の事業計画などを承認した。

 69回目となる春の県大会については、ライジング・サン・スタジアム(野田村)、大平球場(二戸市)、八幡平市総合運動公園野球場を会場に5月20~29日の日程で行う。抽選会は同13日にオンラインで実施。開会式は行わない。学校応援は禁止するが、演奏を収録した音源を流すことは認めることとした。

 夏の第104回全国高校野球選手権岩手大会については、県営野球場(盛岡市)、花巻球場、しんきん森山スタジアム(金ケ崎町)を会場に7月8~22日の日程で開催。初日に県営野球場で開会式を行う。抽選会は6月23日に盛岡市で実施する。現時点では有観客で開催する方針。

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付
県内外
2022年5月19日付