一関・平泉

心癒やす涼しげな花 東山・松川 フジ棚が満開【一関】

涼しげなフジの花が見る人を癒やす一関市東山町の主要地方道一関大東線沿いのフジ棚

 一関市東山町の主要地方道一関大東線沿いにあるフジ棚でフジの花が満開になり、見事な花房が地域の人や通りがかりのドライバーの目を楽しませている。

 フジ棚は滝の沢平バス亭に近い同町松川字滝ノ沢平地内の道路沿いにある。

 太さ50センチほどの幹から延びたフジの枝が長さ約15メートル、幅約2・5メートルの棚に絡まり、紫や白の細かい花を無数に付けた30~70センチほどの花房が棚から下に垂れ、夏を思わせる陽気が続く周囲に涼しさを添えている。

 同市萩荘から訪れた家族連れは「子供にも見せたいと思い実家に向かう途中で寄ってみた。今年はすごくきれいです」と話し、フジ棚の下を歩いたり、花を写真に収めたりしていた。

 同町はかつてフジの花による地域の景観づくりを推進した時期があり、フジで有名な栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」からフジ栽培の第一人者を講師に招き、町内のフジ棚を素材に剪定(せんてい)仕立て方講座などを開いた経緯がある。

 現在も名勝・猊鼻渓やJR大船渡線猊鼻渓駅、同町田河津の藤壺の滝などのフジは季節になると見事な花を咲かせ、地域の人たちは青空と新緑に彩りを添える花房に目を細めている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付
一関・平泉
2022年6月28日付