一関・平泉

白いオタマジャクシ今年も 大東・曽慶 菊池さん方の有機水田【一関】

 一関市大東町曽慶の農業菊池峰男さん(75)が古代米を有機栽培する水田で、今年も金色がかった白いオタマジャクシ=写真=が見つかった。2年連続での生息確認に、菊池さんは「やっぱりうれしい。何か良いことが起きればいいけど」とえびす顔だ。

 菊池さんが古代米「朝紫」などを育てる水田では、2007年に突然変異で色素を欠く「アルビノ」とみられるオタマジャクシが見つかった。以降、毎年のように白やグレー系の個体が姿を現すようになった。

 捕食者に狙われやすいため、わらや水草の陰などに身を隠し、あまり動かないことが多い。今年は20日ごろから数匹確認したといい、菊池さんは「昔の恋人に再会したかのような気持ちだよ」と笑う。

 見学希望者は事前に菊池さん=0191(75)4200=に連絡し、子供には保護者が同伴する。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年6月26日付
一関・平泉
2022年6月26日付
一関・平泉
2022年6月26日付
一関・平泉
2022年6月26日付