奥州・金ケ崎

出店ずらり通り活況 水沢商人まつり 人気菓子 家族連れ続々【奥州】

駅前通りで開かれた水沢商人まつり。人気の出店に並ぶ家族連れ
鉄道模型展示やeスポーツ大会
JC企画フェスタも

 第72回水沢商人(あきんど)まつり(奥州商工会議所主催)は12日、奥州市水沢の駅前通りで開かれた。移動販売車や露店が並ぶ通りには家族連れが次々に訪れ、久しぶりの活況を見せた。

 今回の商人まつりは、感染防止対策を徹底しながら地元の関係者が連携してイベントを実施してにぎわいをつくり出そうと開催。同日は水沢青年会議所(JC)主催の「奥州ビッグバンフェスタ」も行われた。

 商人まつりは水沢の42歳、25歳両厄年連の演舞で開幕。歩行者天国となった駅前通りの会場には、来場者が検温と手指消毒をして入場した。

 ハンバーガーや飲み物などの移動販売車のほか、地元の人気食堂のテント、お好み焼きやかき氷、りんごあめなどの露店も出店し、祭りの雰囲気を盛り上げた。煎餅生地(水沢米菓)は即完売する人気ぶりで、テントの中で焼く「どら焼きの皮」(後藤屋)も来場者が焼き上がるのを待って購入していた。

 ビッグバンフェスタでは水沢メイプルで「eスポーツ大会」とストリートピアノ、駅前通りで「はたらく車大集合」、水沢グランドホテルで「つながる鉄道フェスタ」が催された。eスポーツ大会には100人余りが出場し、「スマッシュブラザーズ」で対戦した。

 鉄道フェスタでは、会場内に鉄道模型やプラレールがずらりと並び、子供たちや鉄道模型ファンが興味津々の表情で列車が走る様子に見入っていた。

 同商議所の鎌田卓也会頭は「駅前通りがにぎわっているのはうれしい。今回は3密回避などを考慮して普段とは違うイベント構成となっているが、その分いつもと違った客層となっている。今後のイベントにも生かしたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年6月30日付
奥州・金ケ崎
2022年6月30日付
奥州・金ケ崎
2022年6月29日付
奥州・金ケ崎
2022年6月29日付