北上・西和賀

完熟素材こだわりの味 三浦ぶどう園栽培品使用ワイン 「葡萄黎明」赤、白販売【北上】

北上産ブドウを使用したオリジナルワイン「葡萄黎明」

 北上産ブドウを使ったオリジナルワイン「葡萄黎明(ぶだうれいめい)2021」の赤と白の2種類が、北上市内の酒販店などで販売されている。赤はすっきりとした飲み口で酸味のバランスが良く、白はやや甘めの仕上がり。ブドウを生産する同市立花の三浦ぶどう園の三浦和俊園主(68)は「癖がなく、さまざまな料理に合わせやすい」と完熟ブドウにこだわった味わいに太鼓判を押す。

 2010年から販売されている「葡萄黎明」は、同園で栽培されたブドウを100%使用しており、今年産は岩手くずまきワイン(葛巻町)が醸造した。

 赤ワインは晩生種で酸味の強い「ブラックペガール」と、極わせで濃厚な色素を持つ「小公子」の2種類をブレンド。ともに日本固有のヤマブドウから交配した品種で、完熟して糖度の高いものを手作業で選んで仕込んだ。白ワインはわせ系統の生食用品種の国立シードレスを原料としており、いずれの品種も生育は順調だったという。アルコール分は赤が12%、白が11%。ともに720ミリリットルで1800円(税込み)。赤は465本、白は318本の限定販売となっている。

 三浦園主は「赤、白とも酸味があってしつこくなく、よりフルーティーな印象。日数がたてば味が乗ってくる。白は冷やして飲めば爽やかな味わいが楽しめる」とPRしている。

 ワインは同園のほか、同市のあぐり夢くちない=0197(69)2200=、高橋利助商店=0197(77)3211=、和賀商会=0197(63)2538=で取り扱っている。同園では赤ワインのブドウ2品種を使ったオリジナルジュース「展勝美人」(1000ミリリットル、税込み1500円)も販売している。

 問い合わせは同園の三浦孝弘さん=080(6134)1362=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2022年6月26日付
北上・西和賀
2022年6月26日付
北上・西和賀
2022年6月26日付
北上・西和賀
2022年6月26日付