一関・平泉

まずは乗ってみっぺし 千厩で無料体験会 デマンド型乗合タクシー【一関】

一関市千厩町の清田、小梨両エリアを対象に行われたデマンド型乗合タクシーの無料体験乗車会

 一関市千厩町で4月に本格運行が始まったデマンド型乗合タクシーの無料体験乗車会「乗ってみっぺしデマンド型乗合タクシー」が12日開かれ、清田、小梨両エリアの民生児童委員らがデマンド型タクシーに試乗した。市は奥玉を含む3エリアで年内に乗車会を3回ほど開催し、タクシーの周知や利用につなげる。

 市の2022年度元気な地域づくり事業の一環として開催。同日は両エリアの民生児童委員ら7人がそれぞれのエリアを巡るデマンド型タクシーで同町千厩の千厩ショッピングモール「エスピア」に到着し、市役所千厩支所地域振興課の担当者から同タクシーの運行について説明を聞いたほか買い物なども体験した。

 デマンド型タクシーは市営バスの奥玉、北小梨、南小梨各線の廃止に伴い4月から本格運行を始めた。奥玉、清田、小梨各エリアの住民は利用者登録をした上で利用日前日に運行するタクシー会社に予約、自宅前や停留所などからデマンド型タクシーに乗車する。タクシーは乗客を乗せて千厩病院、千厩駅、市役所千厩支所、エスピア、本町、新町など町場の指定11カ所で停車する。運行は1月1日を除く毎日で、本数は平日が5便、土・日・祝日が4便。従来のバスに比べると電話1本で簡単に予約ができ、料金は一律300円(一般)。自宅前の公道から街中まで送迎してもらえるメリットがあるという。

 デマンド型タクシーの運行について説明した市の担当者は「誤って普通のタクシーを予約したり、乗ってしまったりした時は通常の料金が必要になる。予約の時や乗車の時は間違えることがないよう注意してほしい」などと呼び掛けた。

 民生児童委員からは「街中だけの移動には使えないのか」「帰り道だけの利用でもいいのか」「待ち時間が長くなると思うので、待合室なども検討したらいいのではないか」などの質問、意見が出されていた。

 市は民生児童委員の協力を得ながら、買い物や通院、用足しに移動の足が必要な対象者のリストアップも進めることにしている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付
一関・平泉
2022年8月10日付