一関・平泉

リンドウ、農産物全国に 一関・花のふるさと便出発式

「一関・花のふるさと便」出発式でリンドウやコメ、ジュースをPRする実行委関係者

 リンドウを中心に一関地方の農産物を受注配達する「一関・花のふるさと便」の出発式は27日、一関市中里のJAいわて平泉西部営農振興センター敷地内で行われた。今年はコメが新たに商品として加えられ、関係者が好調な販売を期待して第1便を送り出した。

 式には関係者約30人が出席。実行委員会会長の佐藤善仁市長に代わり小崎龍一市農林部長が「リンドウ、りんごジュース、とまとジュースに加え、新たにひとめぼれ、金色(こんじき)の風、銀河のしずくのセットを販売する。天候が安定しない中で苦労されている農家の支援になればいい」とあいさつ。小崎部長、那須元一同JA常務理事、小野寺泰男同JA花き部会りんどう専門部長がテープカットし、出席者全員がジュースで乾杯。県産農畜産物をPRする「いわて純情むすめ」が運転手に花束を贈り、商品を載せたトラックが出発した。

 小野寺部長によると、今年のリンドウは5月の超低温を受けて開花が2週間ほど遅れたものの、徐々に追い付いている。同JA管内は新規耕作者が5人増えたため、生産数量についても増加傾向にあるという。

 一関・花のふるさと便は、地域間交流やブランド力強化などを目的に市やJAなどで組織する実行委によって毎夏行われ、商品は申し込みを受けて全国各地に配達される。今年の商品は▽紫りんどう(12本入り)▽複色青白りんどう(同)▽ピンクりんどう(同)▽金色舞(同JA管内産ひとめぼれ、10キロ)▽金色舞(5キロ)金色の風(2キロ)銀河のしずく(同)▽りんごジュース(30缶入り)▽とまとジュース(同)―の7種類。27日以降の発送日は8月3、10、17、24、31日と9月7日。申し込みは同1日まで。問い合わせは実行委事務局=0191(23)5100=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年8月17日付
一関・平泉
2022年8月17日付
一関・平泉
2022年8月17日付
一関・平泉
2022年8月17日付