県内外
2024年6月22日付
保存か解体か、葛藤の末判断 旧防災庁舎 震災遺構に 宮城・南三陸町長 生き残ったからこそ

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の旧防災対策庁舎の管理権が7月1日、県から町に戻され、庁舎は町の震災遺構として保存される。これを前に、自身も庁舎で被災した佐藤仁町長(72…

地域の記事をもっと読む

県内外
2024年7月15日付
県内外
2024年7月15日付
県内外
2024年7月15日付
県内外
2024年7月15日付