一関・平泉

観光動画制作へ植松さん(FFシリーズ作曲家)起用 一関市

植松伸夫さん
13日 千厩で演奏

 一関市は、市内への誘客や交流人口の拡大に向け、人気ゲーム「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズの音楽を手掛ける作曲家植松伸夫さんを招いてPR動画を制作する。SNS(インターネット交流サイト)を通じて観光地や物産などの魅力を広く発信する。植松さんは13、14日に同市を訪れ、せんまや夜市のステージでライブ演奏するほか、猊鼻渓(げいびけい)などの観光地も回る。

 新型コロナウイルス感染症の5類移行後、インバウンド(訪日外国人旅行者)が回復傾向にある。市では国内外から訪れる観光客の増加に向け、市内インバウンド全体の7割を占めているという台湾の旅行代理店関係者向けツアーや、新たな地域活性化起業人の委嘱といった取り組みを進めている。

 今回の取り組みは、著名クリエイターを起用して市内の観光地、物産の魅力を発信することで、SNSにおける観光などの情報拡散スキームを強化しようと、DMM.comグループのEXNOA(エクスノア)所属のゲームプロデューサーで市地域活性化起業人の岡宮道生さんが提案した。

 植松さんは、ドッグイヤー・レコーズ代表取締役会長、スマイルプリーズ代表取締役。これまで全世界で1億本以上を売り上げたロールプレイングゲームの金字塔FFシリーズをはじめ、数多くの音楽を担当。海外での評価も高く、2007年7月には、海外のニュースを提供するNewsweek(ニューズウイーク)で「世界が尊敬する日本人100人」の一人に選ばれている。

 同市では、13日に同市千厩町の角蔵ホールで配信用PR動画の収録(非公開)を行い、午後6時からはせんまや夜市ステージで演奏を披露する。14日は観光体験などのため、市内観光地を巡る予定だ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2024年7月21日付
一関・平泉
2024年7月21日付
一関・平泉
2024年7月21日付
一関・平泉
2024年7月21日付