奥州・金ケ崎

大谷勇姿 青々と 田んぼアート見頃 奥州・水沢

大谷選手が本塁打を打つ姿と愛犬デコピンがくっきりと浮かび上がった田んぼアート

 奥州市水沢佐倉河字北田地内の「アテルイの里の田んぼアート」が見頃を迎えた。同市出身の大リーガー、大谷翔平選手(花巻東高出)の打席での勇姿がくっきりと浮かび上がっている。

 跡呂井田んぼアート実行委員会(今野一栄委員長)が主催。大谷選手を描くのは2年連続で、今年は6月2日に地域住民ら100人が参加して30アールに古代米とひとめぼれの7種類の苗を植えた。ドジャースのユニホーム姿でバットを振り切り、本塁打を打つ姿と愛犬デコピンを描いた。野球のボールや「ホームラン」の「ホ」の文字などを添えた。

 田んぼアートは物見やぐらに上って眺めることができ、見物客がスケールの大きさを実感している。

 県内外から連日、多くの見物客が訪れており、2日に母親と愛犬とで足を運んだ北上市村崎野の小笠原博子さん(50)は「初めて訪れたけど迫力があって素晴らしい。デコピンもそっくりに描かれていてほっこりする。岩手が誇る英雄の活躍を応援しています」とじっくりと観賞していた。

 今野委員長(65)は「見頃は今月半ばまで。多くの人に田んぼアートを楽しんでほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2024年7月22日付
奥州・金ケ崎
2024年7月22日付
奥州・金ケ崎
2024年7月22日付
奥州・金ケ崎
2024年7月22日付