里山スケッチ

2015年10月18日付
秋の棚田に立ち

 稲刈り後の棚田を冷たい風が吹き抜け、どこか寂しい空気が漂う。マガンの群れが空を横切り、昼夜を問わず鳴き続けたコオロギの声はかすれている。里山の木々は色づいて間もないが、耳を澄…