北上・西和賀

夏季合宿スタート 日本女子ソフトボールリーグ 選手らグラウンド整備【西和賀】

合宿初日にグラウンド整備に取り組む豊田自動織機の選手、スタッフ=8日、西和賀町川尻・錦秋湖グラウンド

 日本女子ソフトボールリーグ1部の所属チームによる西和賀夏季合宿は8日、西和賀町でスタートした。今回は同リーグの3チームが相次いで訪れ、8月11日まで計21日間にわたって集中的に練習。初日は豊田自動織機(愛知県刈谷市)の選手とスタッフが、練習拠点の錦秋湖グラウンド(川尻)で9日から本格的に始まる練習の準備に取り組んだ。

 同チームの選手、スタッフ計27人が8日午後に西和賀入り。選手らは早速ライン引きやマウンドの整備、ボール、フェンスなどの用具や器具の搬入などを行った。今回初となる西和賀合宿は14日までを予定している。

 同リーグ1部前半戦最後の第5節(6月4日)終了時点で、6勝5敗の同率5位。2016年シーズンには果たせず、22年連続でストップした決勝トーナメント(4位以内)への出場を目指し、今合宿では走攻守のレベルアップと個々の体力強化を重点に練習に励む。

 西和賀について、永吉慎一監督は「愛知よりからっとして過ごしやすい。温泉もあって疲れも取れると思うので、ソフトに集中できる素晴らしい環境」と高評価。第6節(9月2日)から後半戦が始まるため、「巻き返しを図って決勝トーナメント進出を果たすためにも、しっかり練習する」と決意を語った。

 今回の西和賀合宿では、同チームに続いて本田技研工業(栃木県真岡市)が今月21日から29日まで9日間、トヨタ自動車(愛知県豊田市)が来月7日から11日まで5日間、それぞれ内容の詰まった練習で汗を流す。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年10月27日付
北上・西和賀
2021年10月27日付
北上・西和賀
2021年10月27日付
北上・西和賀
2021年10月27日付