記者わーぷろ

児童虐待根絶<10209>

 五月雨にぬれてや赤き花石榴(志太野坡)。雨にぬれた新緑の中、ザクロの花はひときわ目立つ。法華経の守護神・鬼子母神はザクロの実を持って描かれる。その昔、子だくさんの鬼が人間の子を食べて恐れられていた。見かねた釈迦(しゃか)が鬼の子を隠すと鬼は嘆き悲しみ、釈迦に「子を失う親の苦しみはいかほどか」と諭され、鬼は改心し鬼子母神として子供と安産の守り神となったという。わが子への愛情は鬼でさえある。深刻な児童虐待がいまだ後を絶たない。鬼よりも非道な所業に憤激する。国会では児童相談所の機能強化を盛り込んだ改正児童虐待防止関連法が成立した。虐待根絶を願うばかりだ。(英)