一関・平泉

国内外100社参加 20回の節目、最多に 全国地ビールフェス【一関】

20回の節目を迎える全国地ビールフェスのPRポスター

来月18日から3日間開催 
あすチケット発売

 全国地ビールフェスティバルin一関(実行委主催、岩手日日新聞社など後援)は、8月18~20日の3日間、一関市大手町の一関文化センター前広場で開催される。20回の節目を迎える今回は過去最多となる国内外の100社が参加し、全国の地ビールファンを盛大に歓迎する。

 同フェスは、地ビールの普及と一関地方のPRを図る目的で毎年夏に開催されている。来場者は市内に限らず、毎回県外からのツアー客も多いなど、全国的なイベントとして定着した。

 今回参加するメーカーは、41都道府県とドイツ、ベルギーから100社。県内からはいわて蔵ビールと銀河高原ビール、さくらブルワリーの3社が参加する。

 日差しをよけるために、これまでよりテントのスペースを増やすなど来場者サービスにも工夫を凝らす。ポスターも完成するなど、開催まで1カ月を切って準備が着々と進められている。

 初日は前夜祭として午後4時から8時まで開催。2日目は午前11時から午後8時まで、最終日は午後6時まで。

 21日に発売となる前売りチケットは400円券の6枚つづり2000円。一関市役所の本庁、各支所や一関観光協会などのほか、今回からイープラスでも取り扱う(イープラスの販売価格は2100円)。イープラスでは数量限定150セットのプレミアムチケットとして、オリジナルタンブラーとのセットで3000円で販売する。

 関連イベントとなる「いちのせき地ビールストリート」は、21日から8月20日までJR一ノ関駅周辺の21店舗が参加して開催される。各店で地ビールを注文すると、1本につき1枚チケット補助券が発行され、補助券3枚で地ビールフェスのチケット1枚と交換できる。問い合わせは同協会=0191(23)2350=か市商業観光課=0191(21)8413=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月28日付
一関・平泉
2021年10月28日付
一関・平泉
2021年10月28日付
一関・平泉
2021年10月28日付