北上・西和賀

盆ジュールで踊ろう 北上中小鳥崎さんさ 当日上映へ映像撮影

プロモーション映像の撮影で小鳥崎さんさを披露する北上中の生徒

 北上市黒沢尻の北上中学校で20日、「小鳥崎さんさ」のプロモーション映像の撮影が行われ、生徒がカメラを前に継承する踊りを優美に舞った。8月に市文化交流センターさくらホールで開かれるオリジナル盆踊り大会「さくら盆ジュール2017」で上映し、多くの人に踊りに参加してもらう。

 小鳥崎さんさは先祖供養の踊りで、学区内の小鳥崎地区に伝承。生徒は総合的な学習の時間で習得し、女子が運動会の集団演技で披露している。市文化創造などが主催する「盆ジュール」には2016年に初出演した。

 踊りの楽しさを広めるイベントの目的から、今年はプロモーション映像の制作・上映が企画され、北上コンピュータ・アカデミーの学生が動画編集の授業の一環で制作を進めている。

 同日は希望した生徒約40人が舞を披露し、コンピュータ・ビジネス科2年の学生5人がカメラに収めた。撮影に当たった遠山智大さんは「踊りを多くの人に知ってもらうことで、伝統が長く続いてほしい」と語った。

 さらに指導会も兼ね、生徒は創作舞踊団体幸の会(斎藤幸子会主)の手ほどきで踊りに磨きを掛けた。石澤愛理さん(3年)は「喜びや楽しさを表現できる踊り。来場者と一緒にきれいに踊りたい」と当日を楽しみにしていた。

 「盆ジュール」は、来月12日午後5時から同市さくら通りの同ホールで開かれる。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付