県内外

3地点で記録的豪雨 北上川 一時、氾濫注意水位超す【岩手】

大雨で水かさが増し、濁流となった北上川=23日午後2時39分、北上市黒岩

 東北地方に停滞した前線の影響で県内は23日、前日に引き続き各地で大雨となった。西和賀町では22日夜に避難準備情報が発令され避難所が開設されたが、23日に解除となった。【2、3面に関連】

 盛岡地方気象台によると、降り始め(22日午前2時)から23日午後4時までの総雨量は西和賀町沢内で201・5ミリ、花巻市豊沢で152ミリを観測した。

 各地の24時間降水量(最大値)は、西和賀町湯田168ミリ、金ケ崎134ミリ、花巻123ミリ。この3地点が7月の観測史上最多を記録。このほか花巻市大迫109ミリ、北上107ミリ、一関市祭畤100・5ミリ、奥州市若柳94・5ミリ、同市江刺81ミリなどだった。

 各市町村には大雨、洪水、土砂災害警戒情報の各警報や注意報が発表され、各自治体で警戒に当たった。

 北上川や各支川の水位も上昇。稗貫川橋、朝日橋(花巻市)、男山(北上市)、桜木橋、大曲橋(奥州市)の各観測地点で23日午後にかけて氾濫注意水位を超えたが、その後落ち着いた。

 JR北上線は終日、運休や区間運休(ほっとゆだ-横手間)が続いた。24日は上り始発列車の1本が横手-ほっとゆだ間で区間運休するものの、その後は平常運転に戻る見込み。

 花巻市内では22日夕、倒木による高圧線の断線で矢沢、石鳥谷町五大堂、東和町北小山田、同前田地内の112戸、大迫町外川目地内の499戸で停電が発生し、復旧済み。22日から23日にかけ、東和町内の市道4カ所と石鳥谷町内の県道1カ所が倒木で車両が通行不能となったが、いずれも撤去された。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年10月28日付
県内外
2021年10月28日付
県内外
2021年10月28日付
県内外
2021年10月28日付