北上・西和賀

健やかな成長願い 新生児に記念品【西和賀】

細井町長から記念品を受け取る光さん(中央)と恵美子さん(右)

 西和賀町の新生児への記念品贈呈式は1日、同町川尻の川尻保健センターで行われた。健やかな成長に願いを込め、同日は6月に生まれた2人の赤ちゃんに記念の写真立てが贈られた。

 今回記念品が贈られたのは、6月14日生まれの菅原惇希ちゃん(湯本)と同27日生まれの髙橋陽路ちゃん(間木野)の2人。細井洋行町長は「元気な赤ちゃんが生まれて本当におめでとう」と祝福し、父母に記念品を手渡した。

 惇希ちゃんの母真由美さん(36)は「人にも優しくできる穏やかで温厚な人に育ってほしい」、陽路ちゃんの父光さん(31)と母恵美子さん(27)は「太陽のように周囲を明るく照らすような人になってもらいたい」と願っていた。

 記念品は、「スイートベイビーメモリアル」と名付けられた写真立てで、ガラスには名前と誕生日のほか、足形が彫り込まれている。町では「誕生記念健やかプレゼント事業」として、2011年4月以降の新生児を対象に贈呈している。

 町によると、16年度は新生児28人のうち、13人に記念品が贈られた。町総務課は「少子化が進む中、新生児の誕生を祝福する取り組みを通じて、町の活力を取り戻すきっかけにしたい」と語った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2017年11月21日付
北上・西和賀
2017年11月21日付
北上・西和賀
2017年11月21日付
北上・西和賀
2017年11月21日付
北上・西和賀
2017年11月21日付