県内外

太鼓響かせ山車巡行 盛岡秋まつり開幕【岩手】

八幡下りで威勢よく通りを練り歩く山車

 300年以上の歴史を誇る「盛岡秋まつり」は14日、盛岡市内で開幕し、豪華絢爛(けんらん)な山車8台が繰り出した。まつりは16日までで、市内には威勢のいい掛け声と太鼓の音が3日間鳴り響く。

 市指定の無形民俗文化財である盛岡八幡宮例大祭の山車行事は、盛岡藩のまちづくり完成を祝い、1709(宝永6)年に城下を練り歩いたのが始まりとされる。

 今年は地域や消防団などで組織した8団体が、歴史上の人物や歌舞伎の場面などを題材にした山車を製作。初日は爽やかな秋晴れとなり、盛岡八幡宮の通り約500メートルを練り歩く「八幡下り」が行われた。

 勢ぞろいした8台の山車が次々と通りに登場し、太鼓や笛の音とともに子供たちを中心とする「ヤーレ、ヤーレ」の掛け声がまつりを盛り上げた。

 沿道に大勢詰め掛けた見物客の中には、写真を撮るなどして山車を楽しむ姿が見られた。

 15日は午後6時から山車が同市大通で運行される「大絵巻パレード」、16日は盛岡八幡宮で流鏑馬(やぶさめ)などが行われる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付
県内外
2021年6月23日付