県内外

あす本県最接近 台風18号 気象台、注意呼び掛け【岩手】

 盛岡地方気象台は16日、台風18号について記者会見し、18日に強い勢力を維持したまま本県に最接近する恐れがあるとして大雨や暴風、高波、土砂災害、河川の増水などへの注意を呼び掛けた。【3面に関連】

 台風18号は16日午前10時現在、ゆっくりと東シナ海を北東へ進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。17日に勢力を維持したまま九州に接近し、上陸する恐れがある。

 17日から18日にかけて本州付近を北上し、18日には北日本に接近する見通し。県内には18日明け方から朝に最接近するとみられる。17日夜から18日昼すぎにかけて雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、局地的には1時間に60ミリほどの大雨となる見込み。

 本県では18日午前中に強い雨となり、南東の強風の影響で沿岸南部、内陸の山沿いなどで雨量が多くなる見込み。25メートル以上の暴風域に入っており、午前9時に中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートルとなることが予想される。19日にはオホーツク海に達し、温帯低気圧に変わる見込み。

 高橋勉観測予報管理官は「台風の接近に伴い、風雨が急激に強まる恐れがある。最新の気象情報に留意し、早めの避難や暴風雨への備えを行ってほしい」と呼び掛けている。

 

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付