北上・西和賀

24日に「二子の里いものこまつり」 神楽や餅まき、遊覧船も【北上】

第16回二子の里・いものこまつり(二子町振興協議会主催、岩手日日新聞社など後援)は、24日に北上市の二子小学校で開かれる。芋の子汁を販売して秋の味覚を味わってもらうほか、地元民俗芸能団体によるステージ公演を通じて二子町の文化、歴史、食を紹介する。

 当日は午前10時から開会セレモニーを開催。二子保育園児のこども鬼剣舞、同小児童の合唱や北上北中生徒の吹奏楽演奏が披露される。

 引き続き上宿和賀神楽、中島太神楽、飛勢太鼓、二子鬼剣舞など地元の民俗芸能団体によるステージ公演が行われる。

 会場では芋の子汁(1杯400円)を販売するほか、焼きそばなどの出店が並ぶ予定。正午からは餅まきが行われる。

 地区住民による絵画や川柳などの作品を紹介する「歴史・文化パネル展」もある。

 このほか、昭和橋下を発着場に約25分間の北上川遊覧を実施。乗船料金は大人と子供500円(幼児無料)で、芋の子汁券購入者は100円引きになる。焼き魚の限定無料提供もある。

 まつり来場者用の駐車場を県立黒沢尻工業高校に設け、両会場を結ぶシャトルバスが午前9時45分を始発に10~15分間隔で運行される。最終便は同高校午後3時発。

 問い合わせは二子地区交流センター内の実行委=0197(66)2050=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年12月16日付
北上・西和賀
2018年12月16日付
北上・西和賀
2018年12月15日付
北上・西和賀
2018年12月15日付
北上・西和賀
2018年12月15日付