花巻

胸打つ精神、魅力 ファンら集い賢治祭【花巻】

「雨ニモマケズ」詩碑前で「ポラーノの広場の歌」を歌う南城小の4年生

 詩人・童話作家の宮沢賢治(1896~1933年)の命日に合わせた「賢治祭」は21日、花巻市桜町の生誕地にある「雨ニモマケズ」詩碑前で開かれた。県内外から賢治ファンら約500人が集い、朗読や合唱、演劇などを通じて在りし日の賢治に思いを巡らせた。

 宮沢賢治記念会(宮澤啓祐理事長)が主催。地元ジュニア楽団「金星少年少女オーケストラ」による演奏の流れる中、来場者が詩碑前に献花して黙祷(もくとう)し、全員で精神歌を斉唱した。

 続いて宮沢賢治記念館学芸員の牛崎敏哉さんが「雨ニモマケズ」を朗読。上田東一市長は花巻まつりの400年余りある歴史に触れ、「今年は賢治さんの85回忌に当たる。たくさんの人が賢治さんを慕って集まることは素晴らしい。400年以上続くことを祈りながら、きょうは合唱や演劇などを楽しんでほしい」と来場者を歓迎した。

 南城小学校の4年生62人は、緑色のベレー帽とベストを身に着けて賢治作品を紹介し、賢治先生にささげる歌として「ポラーノの広場の歌」を元気良く合唱。「花巻と賢治さん」と題して講話した賢治の弟の故・清六さんの孫で会社役員の宮澤和樹さんは、祖父から聞いた話として「賢治さんはとても面白い人で、いつも誰かを楽しませようと考えていた」とエピソードを披露した。

 賢治作品の朗読では、南城中の3年生4人が「母に云う」、花巻農業高3年の藤原詳君が「あすこの田はねえ」、花巻中3年の平野莉央さんが「和風は河谷いっぱいに吹く」をそれぞれ情感豊かに読み上げた。花巻北高合唱部は「耕母黄昏」をしっとりと歌い、絣(かすり)姿の桜町ママさんコーラスは「雨ニモマケズ」を澄んだハーモニーで響かせた。

 日が落ちると会場にはかがり火がともされ、花巻南高の演劇部員が「どんぐりと山猫」、花巻農業高生が鹿(しし)踊りを披露し来場者を魅了。終盤では会場の全員で「星めぐりの歌」などを歌い、郷土の偉人に思いをはせた。

 花巻訪問は2度目という仙台市の尾形祐一さん(38)は「昨年の賢治祭に感激して忘れられず、今年も訪れた。賢治さんが育ったすてきな所なのでこれからも訪れたい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年6月17日付
花巻
2021年6月17日付
花巻
2021年6月17日付
花巻
2021年6月17日付