北上・西和賀

前堂さん(二戸)が頂点 沢内甚句全国大会 3部門に85人【西和賀】

沢内甚句を熱唱するグランドチャンピオンの前堂さん

 第35回沢内甚句全国大会(実行委主催)は23日、西和賀町上野々の町文化創造館銀河ホールで開かれた。3部門に県内外から愛好者85人が出場。日ごろ鍛え上げたのどを競い合った結果、およね杯の部に出場した前堂るり子さん(48)=二戸市=がグランドチャンピオンに輝いた。

 およね杯の部(高校生~69歳)に35人、少年少女の部(5歳~中学3年生)に24人、寿年の部(70歳以上)に26人が出場。このうち少年少女、寿年両部門の優勝者とおよね杯の部の予選通過者合わせて22人が決勝に進出した。

 出場者は三味線や尺八、太鼓の伴奏に合わせて熱唱。グランドチャンピオンの前堂さんは「難しい歌だが昔から挑戦したかったので一生懸命稽古した。初めての出場で優勝できて本当にうれしい」と喜びを語った。

 同大会は「およね伝説」の悲哀と豊作の喜びが交錯する奥深い民謡として愛されている甚句の魅力発信と愛好者の交流を狙いに実施。1963年9月23日に浄円寺(沢内字太田)の境内に「およね地蔵尊」が建てられたことにちなみ、秋分の日に毎年開催されている。

 グランドチャンピオンを除く入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇およね杯=▽優秀賞=玉山ツヤ子(花巻市)栗澤京子(釜石市)▽奨励賞=菊池きよ子(奥州市)鳴海みよ(盛岡市)及川久美子(大船渡市)▽特別賞=高橋宏絵(宮城県塩竈市)阿部伊祥(山田町)

 ◇少年少女▽大賞=阿部伊祥(山田町)▽優秀賞=芳賀希実(同)佐々木佳菜絵(矢巾町)▽努力賞=髙橋健心(西和賀町)舘澤菫(滝沢市)平野さくら(大槌町)

 ◇寿年▽大賞=小川悦子(紫波町)▽優秀賞=泉田禮子(盛岡市)阿部忠紀(宮城県栗原市)

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年10月18日付
北上・西和賀
2018年10月18日付
北上・西和賀
2018年10月18日付
北上・西和賀
2018年10月18日付
北上・西和賀
2018年10月18日付